自然を与えて、薬を与えず。

富士山が見える広々とした大地、新鮮な水と空気、降り注ぐ太陽。
のびのび動き回り、自由に土を掘り起こし、自由に草を食べる。

だから、美味しい。

朝霧高原放牧豚が
大切にしてること

循環

パンや落花生など地域の食品廃棄物を利用して作られたエコフィードと呼ばれる飼料を使用しています。この取り組みが、フードロスの削減や地産地消など地域のエコサイクルの実践につながっています。

発酵

飼料には、乳酸菌や酵母菌、納豆菌、放線菌など、さまざまな発酵菌が数多く含まれています。そのため、免疫力が高まり抗生物質などの薬剤投与が不要になります。

自然

標高700mを超える朝霧高原。澄み渡る新鮮な空気と水源が近い美味しい水。富士の雄大な裾野に広がる開放された放牧場。この恵まれた環境で育つからストレスがありません。そして、この自然が本来の味を存分に引き出してくれるのです。

豚のイラスト

おいしい、には理由がある

薬剤添加物フリー

発酵飼料と自然環境により、一般的な銘柄豚では必須とされる病気予防のための定期的な抗生物質の投与が不要になります。

ストレスフリー

日本では例のない放牧(放し飼い)スタイルのため、ストレスがなく、病気にかかりにくい元気で健康な豚に育ちます。

エコフィード

エコフィードの原料は通常の動物飼料よりも厳しい基準をクリアしているため、その質の高さが肉質や味に良い影響を与えます。

本来の旨味

放牧豚の特徴は臭みのないさっぱりとした味わい。特筆すべきはその脂身の美味しさ。脂身本来の旨みをしっかり引き出します。

生産者:関谷哲

「健康な豚は美味しい豚」

のびのびと土や草に触れて育つ環境作りはもちろんのこと、料理人でもある私が自信をもって皆さんに食べていただける豚を育てています。

株式会社 朝霧高原放牧豚

静岡県富士宮市人穴519

携帯 090-1450-6680

FAX 0544-54-1787

E-Mail arohaeenami@yahoo.co.jp

URL https://asagiri-eebuta.com

PAGE TOP
MENU